インプラント治療の流れ

まず、第一段階として局部麻酔を施しドリルであごの骨を削ります。
これでインプラント(ボルトの形状)を差し込む場所を確保します。


次にヘッド部を露出させた状態でインプラントを埋め込みます。
義歯の土台部分をつくる作業です。


歯肉の形態が整ったら支台装置(アタッチメント)をインプラントに取り付けます。


簡単に表現するとインプラント治療はこの3段階。
いくら局部麻酔をすると言っても、ドリルを口の中に入れられるというのは、ちょっとためらいと恐怖を伴いますね。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。