インプラントとは

インプラント”稀に聞く言葉ですが、深く意味を考えたことはありませんでした。
気になり出したのは、以前歯医者さんで治療済みだと思われた歯に違和感があり、その後歯茎との境目あたりからとれてしまったのがきっかけでした。義歯というのも考えたのですが、まだそんなに高齢というわけでもないしですし、何か他の手段をと考えていたところ、インプラント治療にたどりついたのです。


ではインプラントとは何か?
調べてみると、骨(つまり歯茎の部分)の中に金属などを埋め込むことを総称してインプラントと呼ぶことがわかりました。建物を建てるときに基礎工事としてボルトを埋めることがあります。あの様子を想像すればいいようです。


歯科インプラントは人工歯根のことを指し、材料としてはチタン製のインプラントが使われています。理由はチタンが骨と結合するという特質をもっているからです。より強固な基礎工事になるというわけですね。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91985465
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。